道修町たなみん寄席
「くすりの町」として知られる大阪・道修町の田辺三菱製薬株式会社が主催する落語会。
オリジナル・キャラクターの「たなみん」をアイコンに、落語と講演を通して、大阪の歴史と文化に親しんでいただきます。
「浪花諸商独案内」

第2回 大阪人につける薬

正統派からちょっとアヤしいものまで、
大阪人と「薬」のつながりを、
落語を楽しみながらひも解きます。

11月23日(祝・木)
6:00PM〜

  • 入場料|1,000円(資料代込み)
  • 定員|200名(要申し込み・先着順)
  • 会場|田辺三菱製薬本社 大阪市中央区道修町3-2-10

第2回の開催レポートはこちら

満員御礼 道修町たなみん寄席レポート

落語に登場する
あんな薬やこんな秘薬。
大阪の人たちと
「薬」のつながりとは?

道修町の少彦名神社は、薬の神さまとして知られています。毎年11月22・23日の神農祭も大にぎわい。今回のたなみん寄席では、それにちなんで、大阪の人たちがどのように薬と関わってきたのかを、落語を交えてご紹介します。
くすりの町・道修町の発展の歴史もさることながら、上方落語にはさまざまな薬が登場します。中にはちょっとアヤしげなものも…。はたして落語に出てくるうっかり者に、つける薬はあるのでしょうか。

落語
  • 桂春之輔

    桂春之輔
    「まめだ」

    膏薬屋の倅の右三郎は、雨の夜にまめだ(小狸)のいたずらに遭う。得意の宙返りで追い払ったものの、翌日から膏薬の勘定が合わなくなる出来事が続く。母親いわく、先日から現れた陰気な丁稚が怪しいのだが…。

  • 桂米紫

    桂米紫
    「イモリの黒焼き」

    米屋の娘に惚れてしまった喜ィさん。惚れ薬と聞いたイモリの黒焼きを高津の店で買い、それを娘さんに振りかけようと米屋の前で待ち伏せ。しかしちょうど風が吹いてきて、米俵にかかってしまい大騒ぎ。

●お囃子 桂紋四郎、はやしや美紀
講演
  • 髙島幸次

    髙島幸次
    千と千尋の黒焼き

    アヤしげな薬というのは、落語だけでなく、文学や映画にも登場します。あの国民的アニメ映画にも、イモリの黒焼きは出演していました。薬の持つ意味合いを知っておくだけで、物語の世界観がぐっとリアルになります。

開催概要
日時 平成29年11月23日(祝・木)
6:00PM〜8:00PM頃(受付開始5:00PM〜)
会場 田辺三菱製薬本社(大阪市中央区道修町3-2-10 )
定員 200名(要申込・先着順)
※定員に達し次第締め切ります。
参加費 1,000円(資料代込み)
申込方法 このページにある参加申し込みフォームで送信、または
ハガキ、FAXで申し込みの方は、お名前・ご住所・電話番号・参加人数(応募1通につき4名まで)を明記の上、下記までお送りください。
なお、複数名でご参加希望の場合は、代表者の方の必要事項を明記してください。

印刷用のチラシのダウンロードはこちらをクリック
申込先 〒530-0047 大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング602号
株式会社140B内「道修町たなみん寄席」受付係
FAX:06-6484-9678
参加の流れ ①お申し込み
インターネット、ハガキ、FAXで受け付けています。
②受講票発送
10月20日前後から発送を開始します。
③当日お支払い
当日、会場で入場料をお支払いください。

☆お申し込み先着順に整理番号を発行し、
当日はその番号順にご入場いただきます。
整理番号は受講票に記載していますので、必ずご持参ください。
※受付開始時間より前にお越しいただいても、早く入場できるわけではありません。
主催 田辺三菱製薬株式会社
企画・運営(お問い合わせ) 道修町たなみん寄席事務局・株式会社140B内
 TEL.06-6484-9677

参加申し込みフォーム 「*」のついている項目は入力必須です。

※10月31日(15時)で申込を締めきりました。

たなみんと田辺三菱製薬史料館HP

当日は、道修町の歴史がよくわかる
田辺三菱製薬史料館を
見学していただけます

http://www.mtpc-shiryokan.jp/